【ブログ始め方】WordPress初期設定を分かりやすく解説

最低限やるべきワードプレス初期設定

いよいよブログのスタートを切ったみなさん、こんにちは!

ライター兼ブロガーのトミーです!

私は現在カナダのバンクーバーでWEBライターとしてデジタルノマド生活を送っています。

自己紹介👇

いよいよブログのスタートを切ったみなさん、

「サーバー契約してWordPress頑張るぞ」

「あれ、でも何したらいいんだ?」

「早く記事書きたいのに、、、」

「早くサイトデザインしておしゃれにしたい」

 

そんなお悩みありませんか?

 

この記事では、「WordPressの初期設定で最低限やるべきこと」を分かりやすく解説します。

10〜20分もあれば全部終わると思います。

特に今回は「Cocoon」という人気テーマを使用している方向けの設定も一部紹介するので、ぜひ最後まで見ていってください。

ちなみに初期設定をしないまま進めてしまうと、サイトの安全性やサイト運営そのものへの悪影響も出てくるかもしれないので、すぐに設定を終わらせてしまいましょう!

 

まだサーバー契約をしていない方はこちらから👇

目次

WordPress基本設定

まず行うのはWord Pressの「設定」の変更です。

①一般設定

まずは一般設定から解説していきます。

一般設定では3つの項目の設定が必須です。

サイトのタイトル

WordPressアドレス (URL) & サイトアドレス (URL)

メールアドレス

それぞれ以下で詳しく説明していきます。

WordPressにログインしたら「設定」から「一般」を選びます。

サイトのタイトル

まず1番上のサイトのタイトルを設定します。

これはブラウザのタブや検索結果に表示されます。

私の場合は「Tommy’s note in Canada」に設定しています。

自分で決めたサイトのタイトルを入力しましょう。

WordPressアドレス (URL) & サイトアドレス (URL)

次はURLを設定します。

WordPressアドレス (URL) & サイトアドレス (URL)は 同じURLでOKです。

すでに設定されている場合は変更の必要はありません。

メールアドレス

重要な通知やパスワードリセットリンクなどが送られてくるメールアドレスを設定しましょう。

②表示設定

投稿の表示数

ブログページに一度に表示する記事の数を設定します。

おそらくデフォルトでは「14件」になっていると思いますが、少し縦に長いサイトになり、見る側からすると扱いずらく感じてしまいます。

当サイトで設定しているように「10件」で設定するのがオススメです。

④パーマリンク設定

パーマリンク構造は「投稿名」に設定してください!

そもそもパーマリンクとは:ページごとに設定されるURL一部のことを指します。

パーマリンクを「投稿名」に設定するべき2つの理由

①パッと見て何の記事なのか分かりやすいから

②SEO対策になる

→クローラーというロボットがサイトを周回していて、そのロボットにも読み取れるようにするため。

ここでは深く理解しなくても大丈夫です!

とりあえず「分かりやすいサイト作りのためにパーマリンクは投稿名に設定する」ということだけ理解しておきましょう。

WordPressテーマ設定

オススメ無料テーマCocoonとは?

Cocoonの特徴

  • シンプルで高速、SEOに最適化されたWordPressのテーマ
  • カスタマイズが簡単、多くの機能が搭載
  • 最大の特徴は無料!でもクオリティが高い
  • スキンというデザイン着せ替え機能もある
  • とにかく人気、迷ったらCocoon使っておけば大丈夫
  • このサイトもかつてはCocoonを使っていました。

プラグインを導入してみよう!

そもそもプラグインってなに??

簡単に説明すると

WordPressの「プラグイン」とはある種の魔法のアイテムのようなものです。

WordPressを使ってウェブサイトを作るとき、初めから持っている基本的な機能だけでは足りないことがありますよね。

例えば、
・お問い合わせフォームを追加したい
・セキュリティを強くしたい
などの要望が出てきます。

そんなとき、プラグインは「追加の機能」や「特別な能力」をウェブサイトに持たせてくれるアイテムです。ゲームの中で新しい道具や武器を手に入れるような感じです。

WordPressのお店(公式ディレクトリ)には、さまざまなプラグインがあります。自分のサイトに何が必要か考えながら、必要なプラグインを選び、簡単にインストールしましょう。

WordPressのプラグインの注意点

必要以上にプラグインを使ってはいけない

必要以上にたくさんのプラグインを有効化すると、ウェブサイトが重くなったり、他のプラグインと衝突して問題が起こることもあるので、必要なものだけを選んで使うことをおすすめします。

「10個程度」を目安に入れておけば問題ないです。少ない分には問題ありません。

テーマによってプラグインの相性がある

今回は以下でCocoonに最適なプラグインを紹介しますが、テーマを変えた際はそのテーマに合うものを選び直してください。

簡単にいうと

❌「剣士」➡︎「杖」「魔法使い」➡︎「剣」

なんかを持たせたら大変なことになるので、最適なものを選んであげてねってことです。


これだけ入れておけばOK!オススメプラグイン(Cocoon用)

Cocoonには初期設定ですでに多くの機能が備わっています。そのため、実はそんなに多くのプラグインを入れる必要はないんです。

今回紹介プラグインは、私もCocoon使用時に実際に使っていたものです。

他に追加したいものがあれば、必要に合わせて導入してください!

SiteGuard WP Plugin

WordPressのセキュリティ強化をしてくれます。

セキュリティリスクを低減し、様々な攻撃からサイトを守ります

Contact Form by WPForms

どんなサイトにもお問い合わせフォームは必須です。

このプライグインを導入するだけですぐにお問い合わせフォームを埋め込めます。

シンプルで見やすく、カスタマイズも可能。

EWWW Image Optimizer

ウェブサイトの読み込み速度を向上させるために画像を最適化します。

重い画像を軽くして、サイトの表示速度を改善。

WP Multibyte Patch

日本語の文字をきれいに表示するためのサポート。

日本語のサイトなら、これは必須。文字化けを防いでくれます。日本版WordPressを使うと正常に表示されないことがあるんです。それを無くしてくれます。

Broken Link Checker

サイト内の壊れたリンクや期限切れのリンクを自動的に検出するツールです。

リンク切れに気づかないとSEO的に良くないので、私的には必須です。

Akismet Anti-Spam

コメント欄を使う場合は入れるべきです。スパム対策をしてくれます。

入れないとスパムコメントが大量にきて大変なことになります。コメント欄を使わない場合は不要なので、削除しておきましょう。

UpdraftPlus – Backup/Restore

自動バックアップの機能です。

Cocoonにもバックアップの機能はありますが、こっちの方が使いやすいかなと。入れといた方が安全ですね。

まとめ

お疲れ様でした!!

これでWordPressの初期設定は完了です。

次はサイトのデザインや記事の執筆に挑戦してみましょう!

サーバーの申し込みは以下から👇

Webサイト制作応援キャンペーン実施中!

最低限やるべきワードプレス初期設定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『デジマフリーランスへの道』 Coop留学の日常、デジタルマーケティング、英語学習についての情報を発信!カナダのバンクーバー在住 大学卒業→金融セールス→バンクーバー留学へ TOEIC855 Google analytics 4 取得済

目次